カイテキオリゴって何?

オリゴ糖

オリゴ糖は、整腸作用を持っている糖分です。

カイテキオリゴとは、このオリゴ糖を加工し、粉末状にすることで、食品と共に服用ができ、いつでもオリゴ糖を気軽に摂取でき
る食品です。他のオリゴ糖商品は、一種類のオリゴ糖のみで作られているのですが、カイテキオリゴは複数のオリゴ糖を配合することによって、腸内のビフィズス菌と上手く化学反応を起こすことができるようになった優れものです。
そのため、今までオリゴ糖製品を摂取したけど効果が無かった、といった方でも効果を実感できるかもしれません。

 

 

カイテキオリゴの飲み方

カイテキオリゴには、下剤タイプ、サプリメントタイプ、粉末タイプがあります。
下剤タイプ…水や白湯で流し込む
サプリメントタイプ…同様に流し込む
粉末タイプ…飲み物や食べ物に振りかけて服用できる。

 

といったように、様々な摂取方法があるので、自分に合った摂取方法を選びやすくなります。
粉末タイプは、ヨーグルトに混ぜて摂取するのが人気みたいですね。

 

 

早速カイテキオリゴを試してみた

意外とそんなに甘くない

オリゴ糖

カイテキオリゴを試してみて分かったことは、実はそんなに甘くないということです。

食品に入れてもほとんど味に変化がないため、砂糖や甘味料代わりに使用するといったことは難しそうです。
逆にほんのり甘い程度の味のため、甘いものが苦手な方からも支持を得やすいかもしれません。

 

 

飲み始めてすぐの効果は期待できない

この手の健康食品やサプリメントは、すぐに効果が出るものと期待される方も多いかもしれませんが、カイテキオリゴには即効性
がありません。時間をかけてゆっくり解決し、腸内環境を根本的に整えていくことを目的として作られているため、すぐに効果が出なくても使用を諦めないでください。逆に即効性のあるものは、副作用があったり、応急処置程度の一時的な解決にしかすぎなかったりします。

 

 

カイテキオリゴは血糖値や糖尿病の心配いらずの優れもの

砂糖の摂取に気を使ったり、血糖値を気にする方も多くいらっしゃると思います。
砂糖は胃や腸で分解されまが、オリゴ糖は分解されずにビフィズス菌の餌になるため、同じ糖でも働きが全然違います。
そのため、オリゴ糖は摂取しても糖尿病や血糖値には何の影響もありません。そのため、安心して摂取することができます。

 

 

カイテキオリゴは危険?

効果が出る健康食品はどうしても、危険なイメージや副作用のイメージが付きまといます。
では、カイテキオリゴは危険なのでしょうか。
カイテキオリゴは、モンドセレクションで金賞を受賞するほど日本国内で愛され続けている健康食品です。
ほぼ100%オリゴ糖でできていて、安全だと言われているため、答えはNoです。
ただし、たくさん摂取した分効果が出やすくなるかというと、逆に使用量を守らないと逆効果になってしまうので、使用量のルールだけはきちんと守るようにしてください。

 

 

カイテキオリゴが効果的な便秘タイプ

オリゴ糖

便秘にも様々な種類と原因があり、いくら効果の高いカイテキオリゴでも全ての便秘を解消できるわけではありません。

便秘は大きく分けて二種類存在します。
機能性便秘…これは一般的な便秘で、ストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れが原因で起こる便秘。
器質性便秘…便秘だけでなく、吐き気や嘔吐、血便、高熱が同時に起こっている時の便秘

 

機能性便秘の場合は、単なる生活習慣の乱れが原因のため、カイテキオリゴの持つ効果によって十分に改善が可能です。
器質性便秘は根本的に、ただ単にオリゴ糖を補うだけでは解決できないタイプの便秘で、他の病気も併発しているので、カイテキオリゴの摂取では解決できません。器質性便秘の場合は自分で身体の異変に気付けることが多いので、違和感を感じた場合は病院に行きましょう。

 

 

カイテキオリゴと一緒に摂取すると効果的な食品と成分

カイテキオリゴで効果が出ないと言っている人のほとんどは乳酸菌を十分に摂取できていないことがほとんどです。
カイテキオリゴは腸内の乳酸菌の働きを助ける役割を担って、便秘を改善するサプリメントのため、乳酸菌が腸内にいない状態では効果を発揮できません。では、乳酸菌を増やすにはどうすればいいのでしょうか?
答えはプルーンなどのフルーツを食べることです。プルーンは水溶性食物繊維を多く含むため、乳酸菌がこれを好み、増えてくれます。おやつをスナック菓子からこれに変えるだけでも腸内環境は大きく変わります。

 

 

オリゴ糖は腸にある善玉菌が増えるための餌になります。
カイテキオリゴを摂ることで腸内の善玉菌が増え、便秘などの改善に役立ちます。
カイテキオリゴに関してはこちらのサイトで詳しく説明しています。
参考サイト:http://www.c21columbia.com/